top of page

塗装業界の裏側徹底解剖!!


今回は最近の塗装業界についてを皆様にお教えしたいと思います。


まず、最近の塗装業界は外壁塗装の需要の多さから様々な業種が携わるようになっております。



このように、地域でお店を開いている塗装店とお客様の間に様々な業種が入り込んでいるのが最近の外壁塗装を依頼するにあたっての現状です。


やはり、どの業種から依頼しても中間マージンが発生するのが現状で、ただ塗装工事代金が高くなることになりますが、安く請け負い一人親方の塗装職人など格安で工事を依頼させることもあるので、信頼できる工事が出来なくなることもあります。


大手塗装会社、ポータルサイト運営会社


大手塗装会社は営業を雇い、看板等広告費がかかるため工事金額が大変高くなります。塗装を専門に扱っている為、保証や下請けの管理はしっかりしているかもしれないが金額的に高くなるのが傾向です。


ポータルサイト運営会社は、全く塗装業界と関係ありませんが集客力では一番力があり全国の外壁塗装を考えているお客様を集客する力はあります。

ただし、集客するだけでなんの保証もなく紹介した業者に丸投げするだけの会社です。当社も少しの間登録したことがありますが、メールでお客様の情報が送られてきただけで、紹介料が発生するシステムと助成金50万円や見積もり依頼をすると3万円プレゼントなど集客の仕方に嫌気がしてやめました。



100万円の工事を請け負った場合10万円と紹介料15,000円以上をサイト運営会社に支払わなければならないので、その分を工事代に上乗せした見積もりで工事をすることになります。

優良な塗装会社を紹介と謳っていますが、面接など特になくどんな業者でも登録はできるので、ひどい業者にあたる場合もあります。


ホームセンター、家電量販店など


最近では電気屋さんやガス屋さんなどでも外壁塗装を請け負う時代になりましたが、やはり下請けに工事を依頼して儲けていますが、塗装に関して知識などはほとんど皆無です・・・



フリーランスの営業、他業種の職人


最近多いのがフリーランスの営業の方。

仕事がとれれば後は下請けに丸投げするだけで儲かるみたいな考えの方も多いので、一番頼んではいけないところ。

最近では同じ考えで、他業種の職人が外壁塗装の仕事をとってくることがありますが、専門ではないし丸投げなのでなにかトラブルがあった場合も責任はとれません。お小遣い稼ぎ程度の人もいれば、10万円以上を上乗せしている方もいます。



一人親方の塗装職人


下請けで仕事を受ける職人も最近は問題があると思います。

塗装工事の仕事が多いからなのか、数年で独立をして親方気取りの技術も未熟な職人が増えています。

自分自身は16歳から塗装業に携わり30年以上やっている知識と経験があります。

当社に在籍の職人も10年以上の経験がある職人で、一人親方として出来るとは思いますが、仕事を集客することの大変さを考えて当社の職人として頑張っています。

最近の職人不足もあり、元受けとして仕事をとってくる様々な業種の方たちからしたら未熟な職人でも需要があります。



そんな塗装業界の状態を考えると工事からすべての責任まですべて自社で請け負うセイショウペイントに依頼するのが一番安心できると思いませんか?








Comments


Featured Posts
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page