© 2015 by成翔塗装

ー3つの特徴

成翔塗装は床面積から換算するすべての工事をふくんだ、安心パックをご用意しました。

足場仮設から、すべて自社施工!中間マージンが無いためお客様の予算が最大限に活かせる工事ができます。

成翔塗装では、「年間200棟施工!!」などの下請け業者に丸投げする、大手塗装会社、リフォーム会社とは違い少数精鋭の自社職人で納得のいく工事を行うため、月の工事棟数は6棟までしか受け付けません。

成翔塗装では認定施工店でしか扱えない高級塗料を取り揃えております。各分野で国内トップシェアを誇る最も安心な塗料を厳選使用!

シリコン塗装仕様の見積もりで100万円以上の見積もりを持っている方は、成翔塗装の超高級仕様をおすすめします!!

成翔塗装では、地震でできたモルタル壁のヒビの補修や外壁以外の塗装の剥がれなど、無意味な10年保証ではできないことを、5年後の点検・メンテナンス塗装で保証いたします。

外壁塗装に多い「10年保証」や「15年保証」。その保証期間の長さに安心感があるかもしれませんが、この保証にはあなたが知らない大きな落とし穴が隠されているのです。

仮に、外壁塗装に10年保証がついているケースを考えてみましょう。この場合、工事完了から5年後に家の木部、鉄部の塗装がはがれても、こうした不具合は保証されません。なぜなら、保証の対象はあくまで「外壁のみ」だからです。

また、外壁にヒビが再発しても保証されません。ヒビは家の構造、地盤、道路工事、地震などの影響を受けやすく、たとえ塗膜の完成が不十分でヒビが再発したとしても、その原因がわからないので、ヒビは保証の対象外となってしまうのです。

実際のところ、保証の対象となるのは「外壁のはがれ」のみです。しかし、外壁から塗膜がはがれることはまずありえません。試しに、近隣の住宅を見回してみてください。木部や鉄部の塗膜がはがれている住宅はあると思いますが、外壁の塗膜がはがれている住宅はないはずです。こうした実状を考えると、たとえ10年でも20年でも外壁の保証はほぼ無意味だといえるでしょう。